作業員

蜂の巣には近づかない早急に駆除しよう|アレルギーの危険性

習性を利用した方法

ハト

鳩の糞害は、多くの人が悩んでいる問題で、対策としては近寄らないようにすることが必要です。有刺鉄線を設置したりバラを植えたりするのも良いですが、鳩駆除の専門業者に依頼するのが一番有効な方法です。

More...

距離を置くことも大切

作業員

鳩は同じ場所に執着する習性があるので、足場を遮断するなど、居場所をなくす工夫もひとつの対策です。効果を継続させる工夫で、費用を少なくするメリットも得られます。駆除や退治には役場の許可が必要です。住みにくい環境を作り、再来や新たな個体を寄せ付けないのも、効果を継続させるテクニックになります。

More...

ハトをなんとかしたい時

家

鳩は健康被害の原因になることがあります。フンで汚れたら綺麗に掃除しましょう。鳩対策グッズもいろいろあります。対策グッズを使う時は周囲の迷惑にならないよう気をつけます。自力での対策が難しそうなら専門家に依頼しましょう。

More...

安全が第一です

蜂

手出しをしないように

近年、住宅街でも蜂の巣が発見されることが増えてきて、注意が必要になってきています。見つけたらすぐに駆除や退治を考えることが多いのですが、素人が安易に行なうのは危険なのでやめてください。蜂の巣には当たり前ですが蜂が住んでいて、不用意に近づくと攻撃をしかけてきます。そして昆虫だからと甘く見ているととんでもないもので、刺されて怪我をするくらいではなく、アレルギーで死に至る場合もあります。特に以前に刺されたことがある人は要注意で、アナフィシラキーショックを起こす場合もあります。それゆえ蜂の巣を駆除、退治する場合は役所に相談するか、専門の業者に依頼するといいでしょう。大切なのは自らの安全性で、任せた方がいいのです。

専門家に任せよう

蜂の巣の退治は専門家にかかればそれほど難しいことではありませんが、素人が手を出した場合、割れてとんでもないことになってしまう場合があります。蜂の危険性は想像している以上のもので、大切なのは蜂の巣を発見した後は近付かない、そのうえで専門の業者に依頼してください。そして業者の調べ方として、害虫駆除や退治を専門にしているところから、害獣なども合わせて取り扱っているところ、他にも何でも屋などさまざまな業者がいます。費用に関しても相場はあっても決まっているわけではないので、ホームページを参考にして、駆除や退治の方法を確認して、信頼できるところに任せるようにしてください。実績があるところが安心できるのでおすすめです。