女性スタッフ

蜂の巣には近づかない早急に駆除しよう|アレルギーの危険性

距離を置くことも大切

作業員

効果の継続を重視する

見るだけなら愛嬌のある鳩ですが、建物の入口周辺や敷地内に集まると、大きな被害をもたらす害鳥となってしまいます。特にベランダに住み着いた場合は、洗濯物や布団を汚されたり、マンションや団地の場合は階下からの苦情につながるケースもあるのです。ベランダの面積がそれほど広くない場合、足場を遮断する工夫だけでも寄り付かなくなります。ただし、周辺に足場を見つけて居座ることもあるので、そういう場所にも対策を施すと、完全に居場所を奪うことが可能です。鳩には同じ場所に執着する習性があるので、部分的な対策では解決にならないといえます。つまり、脅かして追い払う程度では戻ってきてしまうので、効果の継続する工夫が、最良の対策といえるのです。さらに、将来的に考えてみても、少ない費用で済む、というメリットも得られます。

手に負えなくなる前に

鳩対策で特に知っておきたいのが、卵・ひな・成鳥のいずれも、駆除や退治をする際には役場の許可が必要という部分です。これは目的が殺処分ではない場合でも該当し、捕獲するだけでも法に触れる恐れがあります。法にも触れず費用をかけずに、個人で駆除や退治を検討する場合、手に負えなくなる前に鳩の住みにくい環境を作るのが、もっとも効果的なテクニックといえるでしょう。上述のように、鳩には同じ場所に居座る習性があるので、その場所をあきらめさせると、同じ個体は近づかなくなります。ほかの個体も住みにくいのは同じなので、効果を継続させるテクニックになる、というわけです。もし、いたちごっこのように、何回追い払っても戻ってきてしまう場合は、迷わず駆除専門の業者に依頼するのも、確実に結果を出すテクニックといえます。