女性スタッフ

蜂の巣には近づかない早急に駆除しよう|アレルギーの危険性

習性を利用した方法

ハト

鋭利なものを設置

鳩は昔から日本人が大切にしてきた鳥で、軍事などさまざまなことに利用されてきました。そのため日本では、鳩の数がとても多いので、時として人間に害を与えることもあるのです。そうした鳩が人間に与える害の代表的なものが、糞の多さです。少しくらいの糞であれば、それほど問題にならないのですが、鳩は集団で行動する傾向があります。結果として鳩による糞は、大量になって問題になり易いのです。そこで対策としては、鳩が近寄らないようにすることが必要になるのです。その点で鳩は飛ぶことが難しくなって死活問題になるので、羽根が傷付くことを嫌う習性があります。したがって対策としては、鋭利なものを設置しておくと効果を発揮し易くなります。

家庭ではバラが有効です

そうした鋭利なものの一つとして、有刺鉄線が使用されることもあります。有刺鉄線の場合には、確かに鋭利ですし、比較的簡単に施行することが可能です。しかし有刺鉄線の場合には、家庭に設置すると外観的な面からも問題が生じ易くなります。そこで家庭で対策を行なう場合には、鋭い棘を持つバラを植えることが多いのです。またバラは植え方次第で、いろいろな場所に設置することも可能になります。さらに有刺鉄線とは異なって、美しさも兼ね備えているので、外観的な問題も生じることがありません。また、鳩の退治を専門とした業者に依頼するのも一つの手です。有刺鉄線やバラだと、ある程度のスペースや時間を確保する必要がありますが、専門業者なら退治を依頼するだけなのでとても簡単です。また鳩を退治した後も、他の鳩が寄り付かなくなるように対策をしてくれるところも多いので、まずは相談だけでもしてみると良いでしょう。