女性スタッフ

蜂の巣には近づかない早急に駆除しよう|アレルギーの危険性

ハトをなんとかしたい時

家

自宅でできること

鳩がベランダや室外機の周りに集まると羽音や鳴き声がうるさく、糞で汚されてしまいます。糞は乾燥すると細い粒子になりやすく、人も吸い込んでしまうため健康への被害が問題になっています。そこで必要なのが鳩よけ対策です。まずは鳩が汚したベランダをきれいに掃除しましょう。鳩は自分の糞をした場所でまた糞をする習性があります。清潔を保ち、鳩が寄ってこないようにしましょう。鳩対策グッズもあります。猫や蛇の形をした人形を設置するのもいいでしょう。それでも入ってくる場合はベランダにネットを張ります。手すりや室外機など鳩の止まりやすい部分にはとげとげした鳥よけのスパイクを設置します。鳩は磁石も嫌います。忌避剤も売っています。人体には影響がない、天然の成分を使ったものもありますので活用しましょう。

周りの環境に注意

鳩はしつこく同じ場所に戻ろうとします。ネットを張っても隙間から入ってしまうこともあります。忌避剤もいろいろな種類のものが出ていますので、どれが有効か、少しずつ試してみるといいでしょう。ただ、マンションなどで対策をする場合は、周りの理解が大切です。美観を損ねる場合がありますのでネットを張る場合は注意が必要です。キラキラと反射する鳥よけも、反射の角度によっては近所の方に迷惑になってしまいますので気をつけましょう。自分が気をつけていても、近くで餌をあげる人がいたり、空き家で巣を作りやすい環境があったりすると寄ってきてしまいます。周りの方や行政にも相談してみましょう。自力での対策が困難な場合、専門の業者もあります。電気での鳥対策など専門家でなければ出来ないこともありますので、相談してみるといいでしょう。